[エシカル消費] 破れたZARAのワンピースが教えてくれたこと

エシカル
スポンサーリンク1
最近セールで買ったばかりのZARAのワンピースが脇の部分から思い切り破けた。購入してから2回目に着た日のことである。
 
ショックではあったが、これは今まで長い間自分に問いかけてきたことへの回答なのだ、と思うと妙に気持ちがすっきりした。
 
***

私はファッションが人並みに好きだが、同時に長い間、服を買うことに対し慢性的なストレスを抱えていた。

期待する品質と予算、なりたい自分と現実なんてものに埋めがたいギャップを感じていたのだ。
たまにいつもよりちょっと高い服を買ってみても、品質も自分もそこそこで期待はずれ。
なのにインスタグラムをみれば、ユニクロやしまむらで揃えたコーディネートで自分よりずっと素敵に見える人たちがたくさんいて、どうしたら正解なのか、と混乱してイライラした。
どうせ高い服を買っても理想通りにはいかないなら、もう基本的にZARAのセールでまとめ買いすればいいやと、安易な結論までつけたばかりのことだった。
それからすぐのこと、偶然スローファッションやゼロウェイストについての文章に触れることが増え、賢い消費について改めて考えるようになった。 ( おすすめ: @natsuko.matsuyama さん, 佐久間裕美子さん NewSphere )
ファストファッションが生み出す大量のゴミや汚染物質、過酷な労働環境などを思い、このままではいけない、と現状の問題を再認識したと同時に、ZARAのセールで大量に消費したことに対し罪悪感を覚えた。
ワンピースが破れたのはそんな折のことだった。
そして自然と回答がでた。
「ファストファッションは極力買わない。」
「極力」というのは、ゆるくやっていかないと自分が辛くなるから。
娘の子供服は相変わらずZARAを利用するし、ユニクロのウルトラライトダウンは愛用し続ける。ファストファッションで本当に気に入った服に出会えば買うと思う。
でも、今までのように積極的に選ぶことはやめる。
 
じゃあどのブランドの服を買えばいいの?と言うと、また混乱するから、信頼するブランドに出会えるまではこの指標を大事にしたい。
  • 二着買う代わりに、上質な一着を買うことを考慮する。
  • ビンテージショップも利用する。
  • 丈夫な素材を選ぶ。
  • 大切に使う。
  • 壊れたら直す。

子供が生まれてからは特に、汚れたり引っ張られたりしてもいいようにファストファッションを好んできたが、逆に、丈夫な素材に投資する方が結果安上がりに済むかもしれない。

新たな自分のガイドラインを設けてから、以前もやもやと考えていたことなど、どうでも良くなった。
 
それよりも、何にお金を支払うのか選択すること、消費に意思をのせることが心地良い。
そうしたら、ファッションがもっと楽しいものに変わってきた。
 
ちなみに、破れたワンピースは、同じくセールで買った未使用のカーディガン2着と合わせて返品してきた。店をでるとき、気持ちがすごく晴れ晴れした。
 
スポンサーリンク3

コメント

タイトルとURLをコピーしました